がんを予防するだけではない!

がん以外の病気にも

老化防止

サーチュイン遺伝子が活性化されることがで、老化を予防することができます。レスベラトロールにはこのサーチュイン遺伝子を活性化する役割りが期待できるのです。一般的にサーチュイン遺伝子は細胞を修復したり、エネルギー生産や代謝を助ける働きがあることで知られています。細胞自体の寿命を延ばすことができるのです。

細胞の寿命

細胞の中には染色体があり、染色体のテロメリアは細胞分裂の度に短くなってしまいます。テロメリアが短くなることで、老化が進んでしまうのです。テロメリアを短くする働きのあるテロメラーゼという酵素があります。この酵素の働きを抑えることで、老化を抑制することができるのです。細胞の寿命を延ばすことで、老化を抑制できます。

サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子の役割りは、細胞の寿命を延ばすだけではありません。血管のしなやかさなどを保つ働きもあります。動脈硬化などを抑えることができるでしょう。また、脂肪細胞が肥大してしまうことを抑制する働きがあるのです。膵臓のインスリンの分泌量を増やすこともできます。このように様々な効果が期待できるのです。

生活習慣病予防

レスベラトロールを摂取し、サーチュイン遺伝子を増やせば生活習慣病を予防することができます。生活習慣病の原因となってしまうのがメタボリックシンドロームです。サーチュイン遺伝子が増えることで、血糖値を下げることができます。これは、アディポネクチンから分泌されるたんぱく質が多くなり、インスリンの効果が増すからです。

がんの治療にも

レスベラトロールは抗がん作用が期待できる成分として知られていますが、この作用をがんの治療にも活かせないかと考える方もいます。まだまだ研究段階の成分ではありますが、いつしかがん治療に利用することができるでしょう。

広告募集中