毎日摂取することでがんを予防できる!

レスベラトロールとがん予防

抗酸化作用

レスベラトロールには抗酸化作用があり、活性酵素が生み出す過酸化脂質を抑制する効果があります。この過酸化脂質は発がん性物質や紫外線によって生み出されるのです。このように正常な細胞が何らかの原因で変異するのを防ぐことができます。つまり、細胞ががん細胞に変異する前に、変異を抑制することができるのです。

抗炎症作用

レスベラトロールは抗酸化作用だけではなく、抗炎症作用があります。抗炎症作用の力で、発がん性物質や紫外線によって変異している細胞ががん細胞に変化するのを防ぐことができるのです。変異し始めている細胞は、そのまま放置しておくとがん細胞に変化してしまいます。レスベラトロールは変化し始めている細胞にも効果を発揮することができるのです。

がん細胞

既にがん細胞に変化している場合でも、レスベラトロールは効果を発揮します。がん細胞に変化してしまうと悪性化したり、分化したりするでしょう。レスベラトロールには、がん細胞が悪性化したり分化したりするのを抑制する働きがあるのです。既にがん細胞に変化している場合でも、それ以上悪化させずに対処することができるでしょう。

マウスによる実験

レスベラトロールは日々研究が進んでいる成分の一つです。現在では動物実験により、その効果が確かめられています。皮膚がんのマウスを使用した実験では、その98パーセントでがんの抑制効果が確認されているのです。また、がん細胞を細胞死させる働きなども発見されており、動物実験によってその研究が行われています。

がんの治療にも

レスベラトロールは抗がん作用が期待できる成分として知られていますが、この作用をがんの治療にも活かせないかと考える方もいます。まだまだ研究段階の成分ではありますが、いつしかがん治療に利用することができるでしょう。

広告募集中