レスベラトロールには抗がん作用が期待できる

気になるレスベラトロールとは

成分について

レスベラトロールはポリフェノールの一種です。ブドウの皮や種、落花生の薄皮などに含まれている成分です。強い抗酸化作用があり、様々な病気を予防してくれると言われています。ワインなどにも含まれており、ワインを飲むことで動脈硬化などの疾患を抑制できるのと関係があると考えられているのです。ポリフェノールで病気を予防することができます。

食べ物からの摂取

食べ物からレスベラトロールを摂取することは可能です。特に有名なのがワインでしょう。ワインには様々なポリフェノールが含まれており、高い抗酸化作用を誇ります。色々な病気や疾患を防ぐことができるのです。ワインを1日に二杯程飲むことで、ポリフェノールの抗酸化作用が期待できると言われています。病気や疾患を予防することができるでしょう。

成分の種類

レスベラトロールには二種類に分けることができます。それは、シス型とトランス型です。これは、化学構造の違いによって分類されています。シス型は太陽光や熱などによって、分子が不安定な状態です。対してトランス型は新鮮な原料から抽出されるレスベラトロールで、分子も安定した構造をしています。トランス型の方が抗がん作用が強いとされているのです。

比較的新しい成分

レスベラトロールが発見されたのは、比較的最近です。その為、レスベラトロールから得られる効果には賛否両論あります。まだまだ研究が進められている成分なのです。現在では、マウスなどによる動物実験により効果が検証されています。人間にも効果が確認できるかはまだ、わからない所があるでしょう。ですが、動物実験では確かな抗がん作用が確認されています。

疑問に答える

食品摂取するには?

食品からレスベラトロールを摂取する場合は、主に赤ワインを取るようにすると良いでしょう。一般的にレスベラトロールが含まれていることが分かっている食品の中でも、手軽に利用できるのが赤ワインなのです。今ではスーパーやコンビニなどでも購入することができるでしょう。赤ワインを食事に取り入れることで、病気を予防することができます。

白ワインには含まれないの?

赤ワインと同様に、ブドウを原材料としている白ワインにもレスベラトロールは含まれています。ただ、白ワインは製造工程で皮や種を取り除いていることが多いのです。その為、赤ワインに比べてレスベラトロールの量が少ないと言われています。ブドウの品種によっても違いますが、赤ワインには白ワインの4倍程度のレスベラトロールが含まれているとのです。

ブドウ以外の食品

コケモモには多くのレスベラトロールが含まれています。あまり馴染みのない果物かもしれません。北欧に自生しているベリー類の一種です。リンゴンベリーとも呼ばれています。北欧ではよく親しまれている果物で、ジャムやゼリー、ジュースに加工されたりもしているのです。もちろん生で食べる事ができます。コケモモでも病気の予防が可能でしょう。

すぐに効果は実感できる?

飲み始めてからすぐに効果を体感するのは難しいと言えるでしょう。基本的に劇的に体調が変化するわけではないからです。段々健康になってきます。健康な状態を長期間維持するのに利用できるでしょう。レスベラトロールを飲み続けることで、体調も良い状態を保てるのです。10年や20年経っても健康な状態を維持し続けることができます。

ワインは1日どれくらい飲めば良い?

多くの方がワインからレスベラトロールを摂取しようと考えるでしょう。ただ、1日に必要な量のレスベラトロールをワインから摂取しようと考えると、1日にワインを数十本から数百本飲む必要があります。このように大量の赤ワインを毎日摂取し続けるのは難しいでしょう。また、がんの予防には1日に1杯から2杯程度のワインで効果が期待できると言われています。

新着情報

がんの治療にも

レスベラトロールは抗がん作用が期待できる成分として知られていますが、この作用をがんの治療にも活かせないかと考える方もいます。まだまだ研究段階の成分ではありますが、いつしかがん治療に利用することができるでしょう。

広告募集中